蕪と豆乳のポタージュ

 材料

子どもの食卓

天然羅臼昆布とかつお節の出汁パック 1つ

水 700cc

蕪 5個(小さめ)

<A>

白味噌 大2
みりん 大1
豆乳 200cc~

 

胡麻油 大1/2

干しあみ海老 大2

万能だれ  1パック

  1. 出汁をとる
    鍋に水と出汁パックを加え中火をつけ、沸いたら3~4分煮出してパックを取り出す。
  2. 蕪の下拵え 1
    蕪の茎と葉は洗い、水気を切ったら、細かく刻んでおく。
    蕪の皮は厚くむき(2ミリ程度)、皮は細切りにしておく。
    蕪の実は4つに切る。
  3. 蕪の下拵え 2
    2の蕪の葉と皮は塩小さじ1/4(分量外)を加え、混ぜわせたら15分ほどおく。
    出てきた水気をしっかり絞っておく。
  4. 蕪を煮る
    1の出汁に蕪の実を加え中火をつける。沸騰したら弱火にして、蕪がしっかり柔らかくなるまで煮る。
  5. スープを仕上げる 1
    4の鍋の中身をミキサー、またはハンドブレンダーで攪拌する。
  6. スープを仕上げる 2
    5にAを加え、ぐつぐつ煮立たせないようにしながら、2分ほど火を入れ味が
    足りなければ塩で調味する。
    Memo:小さなボールに5を少しとり、味噌を溶かしてから鍋に戻すと味噌をきれいに溶かすことができます。
  7. トッピングを仕上げる
    フライパンに胡麻油を熱し3と干しあみ海老を加え炒めたら、万能たれを加えて水分が飛ぶまで炒める。
  8. 盛り付ける
    器に6を注ぎ、7をあしらう。

    青木昌代先生

    朝日小学生新聞にレシピ提供中。 幼少の頃から中華料理講師、割烹料理屋の娘であった2人の祖母、料理好きの母より料理のいろはを学ぶ。 中国茶葉懐石料理をプロデュース後、自らのサロンを主宰。 「家庭料理のちょっと向こう側」誰にでも作れてワクワクするような食卓作りを目指して日々研究に勤しむ。

    青木昌代先生さんのレシピをもっと見る

    レシピ一覧へ戻る

    カート

    購入可能な製品がなくなりました。

    カートは空です。