ミートボール

材料

牛豚合挽き肉 500g
玉ねぎ 1/2個
椎茸1 2個
<A>
卵 1個
パン粉 大2
牛乳 大2
塩 小1/2
胡椒 少々


オリーブオイル 適量
小麦粉 適量


<B>
水 400cc
とりベジ洋風だし 小1
万能だれ 1袋
ケチャップ 大2

 

しめじ 1パック
椎茸2 3個
バルサミコ酢 小1

  1. 野菜の下拵えをする
    玉ねぎと椎茸1はみじん切りにする。
    しめじは小房に分け、椎茸2は5ミリ幅くらいに切る。
  2. ミートボールのタネを作る
    ボールに1の玉ねぎ、椎茸1、合挽き肉、Aを加え、しっかり粘りが出るまでこねる。
  3. ミートボールを丸める
    2で作ったタネを直径2~3センチ大に丸める。
  4. ミートボールを焼く
    フライパンにオリーブオイルを加え中火をつける。
    オイルが温まったら、3のミートボールに小麦粉をつけながらフライパンに加える。
    最初はあまりいじらず、焼き目がついてきたら面をかえ、ミートボール全体に
    焼き目つくまで焼く。
  5. ミートボールを煮込む ①
    フライパンに油が多く出ている場合は、フライパンを傾けキッチンペーパーで
    油を吸う。
    この時、フライパンについている焦げは旨味の素になるのであまり拭き取らないように
    する。
    Bを加え、沸いてきたら火を少し弱め煮る。
  6. ミートボールを煮込む ②
    10分くらいしたら、しめじと椎茸2を加え、蓋をする。
    きのこがしんなりしてきたら蓋を外し、さらに全体の汁気にとろみが出て
    少なくなるまで煮詰める。
    火を消すと具材が汁気を吸うので、汁気がなくなるまでは煮詰めない。
    最後にバルサミコ酢を回しかけ、一混ぜする。

青木昌代先生

朝日小学生新聞にレシピ提供中。 幼少の頃から中華料理講師、割烹料理屋の娘であった2人の祖母、料理好きの母より料理のいろはを学ぶ。 中国茶葉懐石料理をプロデュース後、自らのサロンを主宰。 「家庭料理のちょっと向こう側」誰にでも作れてワクワクするような食卓作りを目指して日々研究に勤しむ。

青木昌代先生さんのレシピをもっと見る

レシピ一覧へ戻る

カート

購入可能な製品がなくなりました。

カートは空です。